Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

年賀はがき交換は郵便局!手数料と期限はいつまで?未使用/書き損じ/印刷済みでも大丈夫?

年賀状

ネットが普及して、スマホから年賀状メールを送る人も増えていますが、やっぱり手書きのハガキは嬉しいものですよね。

その中で、年賀はがきを多めに購入して余ってしまったり、書き損じてしまった場合の年賀状はどうしようか?捨てるの持ったいない!と考えている人もいるかと思います。

この記事では、未使用・書き損じ・印刷済みの年賀状交換の方法や豆知識をご紹介します。

手数料はかかりますが、切手やはがきなどと交換できるので有効活用しましょうね!

スポンサーリンク

年賀はがき交換場所は郵便局

未使用や書き損じ、印刷済みの年賀状は郵便局で交換できます。

ゆうゆう窓口や簡易局では交換はできませんので注意しましょう。

郵便局の窓口が空いている時間帯に行きましょうね。

最寄りの郵便局に持っていって交換してくださいね!

年賀はがき交換品

・通常切手(弔事用切手を含みます。)
・通常はがき
・往復はがき(その他の郵便はがき)
・郵便書簡
・特定封筒(レターパック封筒およびスマートレター封筒)

 

服喪のために、使用できなくなった年賀はがきは無料で交換してもらえます。
請求書に住所と名前、亡くなられた方との続柄などをご記入して窓口へ。
くじ引番号付き郵便はがきを間違って購入してしまった場合も、無料で交換してもらえます。交換するはがきの種類によって別途料金が発生することがあります。
詳しくはこちら⇒郵便局公式ページ
年賀状買取については、年賀はがきの余りの買取と使える方法!切手への交換方法についてもの記事で詳しくご紹介しています。
スポンサーリンク

年賀はがき交換の手数料

手数料は1枚につき5円です。

年賀状が52円から62円に引き上げられたのでいくらの価値になるかと言うと…

62円ー5円=57円

その手元にある書き損じ年賀はがきは57円の価値のあるものになります。

捨てようと思っていたそこのあなた!

捨てずに郵便局に持っていってくださいね。

書き損じ年賀はがきの交換手数料は5円なんだね!

スポンサーリンク

年賀はがき交換の期限

交換期限はありません。

去年のでも5年前のものでも交換可能です。

ただ、今年の書き損じハガキを今年の年賀状に交換するのは、年賀状の販売期間中に交換する必要があります。

(毎年11月1日~1月11日の間、販売されます。)

東京2020大会[寄附金付]年賀はがきのみ、10月1日(月)より販売開始しています。

破損したハガキや、料金が書いてある左上の切手マークが汚れてしまった場合のハガキは交換できません!

お年玉付年賀はがきの場合は、抽選結果を確認してから交換しよう!もしかしたら…当たっているかも?!

スポンサーリンク

まとめ

書き損じはがきや買いすぎて余ってしまった年賀はがきは、郵便局で切手やはがきに交換することができます。

1枚につき5円の手数料を窓口で支払えば交換してもらえるので、捨てずに交換しましょう。

交換期限もないので、部屋を整理していて昔の年賀はがきが出てきた!なんてことがあったら、

汚れたり破損していなければ交換ができますので、郵便局へ持っていきましょうね。

年賀状を作るなら、安心満足度1位の『ふみいろ』で!

コメント