Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

年賀はがきの余りの買取と使える方法!切手への交換方法についても

年賀状

思わぬ人から年賀状が来たときに、慌てないために年賀はがきを余分に購入しておく人も多いと思います。

また、ハガキを販売する側の人は販売ノルマを達成するために使用しないのに大量に購入するというパターンもありますよね。

その場合、買い取ってもらい現金化する方法と、切手やゆうパックなどと交換する方法、寄付するなどさまざまな用途があります。

この記事では、年賀状の余りの買い取りについてと変わった使い道についてご紹介していきます。

是非じっくり読んで、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

年賀はがきの余りの買い取りの流れ

未使用のものや書き損じ(宛名が未記入のもの)は買い取ってもらえます。

汚れたものや折れていたり破れているものは基本的に買取NGです。

 

①未使用ハガキと書き損じハガキを分ける。

②買取先ショップへ持っていく。

③査定してもらう。

④査定額に納得できたら売る⇒現金化。

※査定額に納得できない場合は、持ち帰っても大丈夫です。

買取先

✔リサイクルショップ

✔金券ショップ

✔切手・はがき買取専門ショップ

リサイクルショップは安く買い取られることが多いので、切手やはがき買取専門店に買い取ってもらうのがおすすめです。

買取相場

1枚25円~55円くらいが相場です。

持っていく時期やキャラクターものかなどによっても買取金額が違います。

相場に差がありますが、100枚単位で大量に持っていったり封緘のままだと買取金額があがります。

また、買取予約をすると、買取単価が0.1%上がったりするショップもあります。

スポンサーリンク

年賀はがきの余りの活用方法/使い道

年賀状の余りは普通ハガキとして使用可能。

切手が印刷されている下に、『年賀』という文字が印刷されていますので、そこを斜線を引き消してください。

これを怠ると、来年の年賀状として配達されてしまう恐れがあるので、注意しましょう。

懸賞の応募に使用する人も多いです。
懸賞ハガキを送るのが好きな人は有効活用しましょう。

途上国の子どもたちに支援できる

書き損じはがきや未使用はがきを送ると、プラン一般プロジェクトの活動資金になります。

教育や栄養、女の子の支援に生まれ変わります。

Twitterのフォロワーに相互で送りあう

12月下旬~1月初旬にかけてSNSを見てみると、『年賀状が余りそうなので欲しい方送ります。』というツイートがよく出回ります。

仲のよいネット友達がいる場合、活用してみてください。

来年のテスト印刷用

自分でプリントして年賀状を送る人は、必ずテスト印刷をしますよね。

その時用にとっておく人もいます。

名刺を作る

紙が厚手でしっかりしているので、それを利用して名刺に生まれ変わらせる人もいました。

発想が柔軟ですね。

復興支援

2018年には、書き損じはがきやや未使用切手などを集めて、『東北や九州に花火を上げよう』というプロジェクトがありました。

日本は自然災害の多い国なので、それからもこういったプロジェクトが出てくると思います。

復興支援に協力できる方は是非参加してみてください。

スポンサーリンク

年賀はがきの余りは切手に交換

年賀はがきの余りは切手やはがき、レターパックなどと交換できます。

交換品や交換にかかる手数料、期限などの詳細は年賀はがき交換は郵便局!手数料と期限はいつまで?未使用/書き損じ/印刷済みでも大丈夫?の記事で、説明していますので、そちらもご覧ください。

今まで余った年賀はがきを捨ててしまっていた人には、目からうろこな情報になるかと思います。

Twitterでも、年賀状が余ってしまった人や、余りを心配している人もいました。

スポンサーリンク

まとめ

年賀状の余りは、買取専門店で現金化する方法と、郵便局で切手やはがきなどと交換する方法、そして寄付や支援に使用したりとさまざまな用途があります。

余ったからとすぐ捨てようとせず、有効活用しましょう。

そのはがきを必要としている人がいるかもしれません。

ハガキを金券ショップやはがき買取専門店に持っていく場合、『破損していなか、汚れていないか』をチェックしてからにしましょう。

買い取ってもらえないケースもあるので注意です。

コメント